生前に墓地を購入するメリットについて

墓地を建てるタイミングはその人によって様々となります。本人が生きているうちにあらかじめお墓を購入するケースもありますし、本人の死後にその家族が葬式などが終わった後にお墓を購入するケースもあります。もちろんお墓を購入するタイミングに明確な決まりは有りませんので、どのタイミングで購入をしてもかまいません。それでは、本人が生前にお墓を購入するメリットは有るのでしょうか。最大のメリットは節税の対策になるという点です。生前にお墓を購入したとしても、そのお墓は相続財産とはみなされませんので、相続税は一切発生をしません。また、お墓を購入するということはそのお墓の所有権を取得するのではなく使用権を取得する形になりますので、不動産とみなされることもなく固定資産税や不動産税も課税されることはありません。ですから、課税をされないお墓という形で遺しておいた方が節税が可能となるのです。

ただし、お墓購入時には消費税は課税されることとなります。二つ目のメリットとしては本人が時間をかけてじっくりとお墓を選ぶことが出来るという点です。お墓は家や自動車に次いで高額なお買い物ですし、自分だけではなくその子供や孫にまで関係をしてくるものですから、慎重に判断をしなければならなくなります。様々な情報を収集し、実際にお墓を見物したりして、自分やその家族の希望を反映できるような後悔のないお墓選びが出来るのです。また、本人の死後、お墓選びで家族に迷惑をかけることもありません。3つ目のメリットとしては生前墓は縁起が良いということです。生前に自分が入るお墓を手配するなんで縁起が悪いというイメージを持ってらっしゃる方もたくさんいらっしゃると思いますが、そんなことはありません。生前墓は『寿陵』とも表現をされて、仏教では非常に徳の高い行為であるとされています。このように、とてもメリットの多い生前墓ですが、注意点が有ります。それは生前にお墓を購入できる施設が制限されているという点です。墓地には代表的なものとして、公営墓地と民営墓地と寺院墓地が有りますが、このうち公営墓地と寺院墓地では一般的には生前建墓は受付をしていないことが多くなります。

生前建墓の場合は、民営のものを中心に探すこととなるでしょう。以上のように、生前に建墓をすることは本人にとっても、その家族にとっても、非常に有益な行為と言えますので、近年では生前にお墓を建てる方は増加をしています。お墓は何れは必要となるものです。生きている今の内からお墓の購入を検討するのも一つの方法です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*