墓地を決める際のポイント

お墓を作ることを考える場合には石材をどれにして墓石の形をどうするかを考える前にどこの墓地にお墓を置くのかを考える必要があります。お墓を設置する墓地がなければお墓を作ること自体を諦めなくてはなりませんので、どこにするのかを第一に考えるようにしましょう。墓地を決めるうえではいくつかのポイントがあります。ですからそのポイントを押さえて一番いい墓地を選定する必要があります。彼岸や法要、月命日などに定期的にお墓に参ることを考えるのであれば第一に立地は重要なポイントとなります。故人の意向を尊重して海の見える場所やゆかりの地、緑の多い場所など要望をあるかと思いますが、定期的に参ることができなければお墓は荒れ果ててしまうことになります。できるだけ自宅から通いやすい場所にあるところを選ぶようにしましょう。公共交通機関の有無や自家用車で行く場合には駐車場の有無も考えておくようにします。

そのあとで周辺環境を考えて行くようにしましょう。次に宗派や宗旨といったものは非常に重要なポイントになります。墓地によっては宗派が特定されその宗派の方でないと使用することができない場合もあります。特定の宗派が決まっている場合にはその宗派を受け入れることができるところを探す必要があります。特に宗派にこだわりや決まりがない場合には宗派に縛られることなく誰でも利用することができるようなものもありますのでそのような場所も検討する必要があります。そして重要になるのは費用です。どのぐらいの費用を負担してお墓を設置することができるのかはポイントとなります。お墓を設置するためには墓石購入費や工事費だけでなく墓地の区画を使用するために永代使用料を共有の施設などを利用していくために管理費を支払わなくてはなりません。墓地のある場所や種類によってこの費用はまちまちで都市部に行くと永代使用料などが高くなる傾向にあります。最終的に総額いくらまで予算を組むことができるのかを考えてどこにするのかを選んでいく必要があります。それから備え付けられている設備や区画の管理・整備状況というものも重要なポイントになります。駐車場や水道設備が最低限整っているのか高齢になっても参ることができるようにバリアフリーとなっているかなどをチェックする必要があります。

さらに区画の管理・整備の状況として水はけの良さや風通しの良さ、スタッフの対応の仕方などをチェックしていく必要があります。このようなポイントをチェックしどこにするのかを決める必要があります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*