墓地のお引っ越し 『改葬』について

本来、墓地はその土地で永代にわたり子々孫々管理をされていくものとなりますが、中には止むを得ない理由で、『墓地の引っ越し』をするということも有ります。この『墓地の引っ越し』は『改葬』と表現をされます。この『改葬』の理由は人によって様々です。たとえば、引っ越しにより新居がお墓から遠方になってしまうためお墓の移転をしなければならないとか、今の自宅がお墓から遠方のためになかなかお墓参りに行けず、行ったとしても往復の交通費の負担が大きすぎるなどの理由が最も多くなるかと思います。それ以外の理由では、霊園そのものが移転することとなってしまったため、利用者の都合とは関係なく止むを得ず、お墓の移動をしなくてはならないというケースもあります。このように、様々な事情でお墓を移転をすることもありますが、このお墓の改葬は勝手におこなうことは出来ないのです。

改葬には『墓地、埋葬等に関する法律』により規定されている手順・手続きを踏まなくてはならなくなります。その手順を以下に説明をします。まずは、引っ越し先の墓地の管理者から『受け入れ証明書』を発行してもらいます。そして、今までの墓地の管理者から『埋葬証明書』を発行してもらい、あわせて市区町村役場で取得が出来る『改葬許可申請書』の必要事項に補記をしてもらいます。その後、市区町村役場に『改葬許可申請書』や『受け入れ証明書』や『埋葬証明書』など各種書類を提出して『改葬許可証』を交付してもらいます。なお、必要書類など細かい規定は市区町村毎で異なる可能性がありますので、事前に確認をしておきましょう。そして、今までの墓地の管理者に『改葬許可証』を提示して、故人の遺骨を取り出します。最後に、引っ越し先のお墓の管理者に『改葬許可証』を提示して新しいお墓に遺骨を納骨します。同時に『開眼供養』と『納骨供養』を行うこととなります。また、骨を取り出した後の墓石については、先祖の霊が宿っていますので『閉眼供養』という儀式をしてお墓をただの石に戻したのちに墓石の処理をすることとなります。改葬の費用については、古いお墓の撤去の費用と、新しいお墓の建立費や永代使用料などの費用が発生をすることとなりますので、高額なものになるケースが多くなります。

このように止むを得ない理由でお墓を移転しなければならない場合、多くの時間と手間とお金が掛かることになります。時間の節約とお金の節約のためにも、事前にしっかりと手順や必要書類について、管轄の市区町村に確認をすることが重要となります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*