亡くなった人の墓地を決めるときのことなのですが、もし先祖代々のお墓があるところがあるならばそこに安住していただけるでしょう。しかし、今や親族などがあちこちに散らばり離れてくらしている家族が多いのです。その場合、本家というものがありその本家の所有する代々の墓地にはいれるのならあまり問題がありませんが、そこよりも遠方に暮らしている家族のかたが亡くなった際、その墓にはいることがなかなか難しいことが今や問題となっています。それは遠方の本家の代々の墓にはいるとなれば気軽にお墓詣りができないからです。亡くなって葬式を済ませたあといろんな行事がある。四十九日、月参り、月命日など遺族はさまざまなことを行って故人をまつっていかなくてはなりません。そして墓に納めたあとでもいろんな形で供養しなければならないのです。

なので遠方となるとかなり不便なこととなるのです。なので新しい墓地を探すひとたちがほとんどかもしれません。いまや霊園といって山をけずったりお寺をひろくしたりして墓地を作っていますし新聞広告でもいろんな霊園が掲載されております。しかし新しく墓をたてるとなるとその土地を購入することになるので大方150万から200万が安いほうかもしれません。まして有名なお寺の墓地となると1000万ほどの出費となるのが現状なのです。そして多くが山の上にあるので交通も不便になることもあります。しかしせっかくなので景色のいいところの墓にいれてあげたい、または入りたいとう方々も多いのです。確かにそのような希望はとても神聖なものであり時にはかなえてあげたいことでしょう。もしお年寄りとなって、あしがなかなか不自由になってくれば山の上へ墓参りへいくのはなかなか重労働になってきます。そしてお寺の階段さえ苦痛になってきてできるだけ週に何度もいってあげたいのだが、それもかなわなくなってきたとつぶやく方々も最近とても多いことに気づきます。そうなるとやはり行きたいときにいける場所に墓地を選ぶことが大切なのです。故人も月に何回かしか参ってもらえないよりも、週になんどか参ってもらえるととても喜んでいるのではないでしょうか。

そして意外とお墓は荒れやすいのです。鳥のふんがおちたり、花がすぐ枯れたり、花活けがとてもよごれたりするのでお掃除もまめにしてあげたいものです。そして故人とお話をしたら気も安らぐという方々は多いものなのです。なのでもし墓地を選ぶのであればできるだけ行きたいときに行ける場所が一番いいのです。

東京・神奈川・埼玉の霊園選びならお任せ下さい。 石材工事受注を頂いたお客様数は6000世帯以上。 当社は、東京・神奈川・埼玉の霊園のご紹介を行っておりますが、永眠される方につきましては全国対応です。 東京・神奈川・埼玉エリア100箇所以上の墓地ご紹介しております。詳細は当社HPにてご覧ください。 富士山を眺望できる霊園をご紹介致します。 墓地の特徴も美郷石材がお教えします!